サワラのお櫃でご飯をおいしく

サワラの桶・お櫃の使用とお手入れ方法

桶・お櫃のご使用・お手入れについて

■ 最初にご使用になる前に ■

水を張ったシンクやボールに、酢をおちょこ2~3杯程度入れてその中に桶を浸します。 (酢の代わりに米の研ぎ汁でも効果があります。)
2~3時間後に軽く水洗いをして、日陰干しにしてからご使用ください。

■ いつもご使用になる前に ■

寿司桶やおひつの内側を軽く濡れたフキンで拭いてご使用ください。
食品の臭いや色がしみ込みにくくなり、黒ずみも防げます。

■ いつものご使用の後は・・・ ■

水またはお湯でさっと洗い、すみやかに水気をふき取って、充分乾かしてから片付けてください。
※洗う時は、長い時間水に浸さないでください。木の老化を早め、変形・変色の原因となります。
※乾かす時は、必ず日陰干しをしてください。 直射日光に当てると、反ったり割れたりする恐れがあります。生乾きはカビの原因となります。

■ 水漏れ・タガ落ちについて ■

しばらく使用していなかった桶に水を注ぐと、底から水漏れしたり、タガ落ちしたりすることがあります。
原因は乾燥のし過ぎによるものです。
しばらくの間水を張ってください。木が膨らんで、水漏れやタガ落ちしにくくなります。

桶・お櫃の修理について

■ 大切に使い続けていらっしゃるお客様を応援します! ■

永年使って愛着のあるおひつにこんな不具合が・・・
・黒ずみが出てきた
・底板がさがって、はずれそう
・タガが緩んできた・・・などなど
少し手を加えれば使い続けられるのが椹(サワラ)のおひつの良いところです。
ご安心ください。現在お使いのおひつの修理を承ります。

■ 弊社製のおひつはもちろん、他社製のおひつも修理致します ■

「1.サイズ 2.材質 3.状況(写真もお願いします) 4.ご予算」をご確認の上、お気軽にご相談ください。

■ 修理例 ■

内側の黒ずみと底がさがっていたおひつを、側の鉋掛け&底板交換の修理をした時のものです。

修理前のお櫃 修理後のお櫃
修理前のお櫃 修理後のお櫃
桶・お櫃ドットコムのページトップへ 桶・お櫃ドットコムのトップページへ
>>